③ドラムWavファイルの作成方法の秘密(フリーソフトでMIX)

 

ドラムセットの音をWavファイルに変換!
あなたもバスドラ、スネア、ハイハットのマイクだけじゃなく、ROOMマイク、オーバーヘッドマイクまで使ってWavファイルを作れます。あなたは、こんなことができる無料のvstiを知っていますか?

DTMの先生
DTMの先生
今日もご来ブログ頂きありがとうございます。
これから4回に分けて2MIXの作成方法をご紹介します。
まず「2MIX」についてですが、ツーミックスと読みます。
たくさんの楽器音を、LとRの2つのトラックにしたファイルのことです。

本格的になってきました。
メモを取る柴犬
メモを取る柴犬
DTMの先生
DTMの先生
2MIX作成の流れは、
(1)REAPERにMIDIファイルを取り込み、Wavファイルを作成。(各楽器のレコーディング)
(2)(1)で作成したWavファイルをREAPERに取り込み、楽器同士の音量をMIX。
(3)エフェクターをかけて各楽器の音質をMIX。
(4)2MIXを作成する。
けっこうボリュームがありそうだなぁ
メモを取る柴犬
メモを取る柴犬
DTMの先生
DTMの先生
今日の内容は、
(1)のWavファイルの作成までをご紹介します。
特にドラムを中心にご紹介したいと思います。
あなたも、addictive drums 2 体験版という無料のプラグインを使って、バスドラ、スネア、ハイハットのマイクだけじゃなく、ROOMマイク、オーバーヘッドマイクまで使ってWavファイルを作れます。
それでは、内容に移りたいと思います。

【MUSIC TANK】あなたの曲、USENが配信してくれます。
*UTAUやVOCALOIDの利用規約はご自身でご確認ください。



 

1,この記事は、約8分で読む(視聴)ことができます。

ブログの記事が長いので、まず動画をご覧いただく方が良いかもしれません。

2,ドラムのWavファイルを作成する。

addictive drumus2のインストール

DTMの先生
DTMの先生
この度ドラムの音源は、addictive drums 2 体験版を使用します。
体験版は、バスドラ、スネア、ハイハット、シンバルのみ使用することができます。

まずこのサイトを開きます。
https://www.xlnaudio.com/demos
メールアドレスの登録を求められたら、差しさわりのないアドレスを登録してください。
オレンジ色をクリックしてインストーラをダウンロードします。

DTMの先生
DTMの先生
パソコンに合った、ファイルを開き、展開します。

 

DTMの先生
DTMの先生
パソコンにあったexeファイルを開きます。

DTMの先生
DTMの先生
使いたいものを、リストからクリックします。
Addictive drums 2をクリックします。
ピアノ音源に決まったものがなければAddictive Keys DEMOも選択します。

DTMの先生
DTMの先生
オレンジのボタンをクリックしてインストールします。

DTMの先生
DTMの先生
REAPERを立ち上げ、オプション>設定の順にクリックします。

DTMの先生
DTMの先生
何も変更せずにインストールしたのであればC:\program files\Steinberg\VstPlugins>キャッシュをクリアし、ディレクトリ再検索>OKの順にクリックします。

dominoとREAPERをつないでドラムの音を出してみる。

接続方法が分からない方は、「フリーソフトでDTM講座」のドラムを演奏させようをご確認ください。

DTMの先生
DTMの先生
addictive drums 2の音はdominoではこのようになっています。

DTMの先生
DTMの先生
すごくいろんな音が出ます。
ドラムの打ち込みをこの並びに合わせて打ち込みをやり直してみてください。
この4種類以外の打楽器は、drum core3で今まで通り作成します。

MIDIファイルを作成する。

DTMの先生
DTMの先生
アレンジの修正が終わったら、MIDIファイルを作成します。
MIDIファイルの作成方法が分からない方は、「フリーソフトでDTM講座」の各楽器をWav化しようをご確認ください。
メモを取る柴犬
メモを取る柴犬
DTMの先生
DTMの先生
例題曲は、ドラム、タム、タンバリン、ベース、ギター1、ギター2、ピアノ、バイオリン、ソロギター、ボーカル、ハモリの11楽器で作成しました。
MIDIを作成したフォルダ内は、このようになりました。

WAVファイルを作成する。

DTMの先生
DTMの先生
REAPERにドラムのMIDIファイルを取り込み、テンポマーカーを設定します。
例題曲では183に設定しました。
MIDIファイルの取り込み方法とテンポマーカーが分からない方は、「フリーソフトでDTM講座」の各楽器をWav化しようをご確認ください。
メモを取る柴犬
メモを取る柴犬
DTMの先生
DTMの先生
FXをクリックして、Addictive drums2を立ち上げます。
*あらかじめループ再生をしておくと作業が楽しくなります。

DTMの先生
DTMの先生
使いたいドラムセットを選択します。

DTMの先生
DTMの先生
FXをクリックします。

DTMの先生
DTMの先生
KICKの「S」をクリックして、キック(バスドラム)だけの音が出るようにします。

この画面で、すごくいろんな設定ができます。
コンプをかけたり、リバーブをかけたり、イコライザーをかけたり、マイクの位置を変えたりなどなど、めっちゃすごいです。
が、僕は初心者のためよくわからないので、初期設定のままにしました。、、、すいません、、、

DTMの先生
DTMの先生
ファイル>レンダリングの順にクリックします。

DTMの先生
DTMの先生
参照をクリックして、保存場所を設定して、名前を付けます。レンダリングをクリックします。
*モノラルでレンダリングできます。後でステレオをモノラルに変換することもできます。

DTMの先生
DTMの先生
SNARE、HIHAT、OH、ROOMも、ソロで鳴らして、Wavファイルにレンダリングします。
OH?、ROOM?
メモを取る柴犬
メモを取る柴犬
DTMの先生
DTMの先生
*OH・・・オーバーヘッドマイクの音です。ドラムセットの上から下にマイクを向けてセットされたマイクの音です。シンバルはこのマイクで音が出せます。
*ROOM・・・ルームマイクの音です。ドラムセットから離れた場所で全体の音を撮れるようにセットされたマイクです。
すごくいろんな設定ができますが、僕の知識不足のため初期設定のまま進めます。
こんなフリーソフトがあるなんてすごい!
メモを取る柴犬
メモを取る柴犬
DTMの先生
DTMの先生
ここまでの作業で、フォルダ内は、こんな感じになっていると思います。

DTMの先生
DTMの先生
続いて、drumu core3で、タムと、タンバリンをWAVファイルにします。
レンダリング中にメーターが0db以上の音になったら、フェーダーを下げて再度レンダリングをします。
(デジタルファイルの一番大きい音は0db)(音量調整のつまみをフェーダーと呼ぶ)
メモを取る柴犬
メモを取る柴犬



3,ほかの楽器のWavファイルを作成する。

ベースは、Ample Bass P lite llでレンダリングしました。
ギター1、ギター2、ギターソロは、SuperRiffGuiterでレンダリングしました。
ピアノは、Addictive Keysでレンダリングしました。
バイオリンは、DSK Stringsでレンダリングしました。
ボーカル・ハモリはUTAUでWAVファイルを作成しました。

ボーカルWavファイルの作成方法が分からない方は、「フリーソフトでDTM講座」の
UTAU用MIDIの作成方法と、UTAUに歌ってもらう方法をご覧ください。

DTMの先生
DTMの先生
ここまでの作業で、Wavファイルはこんな風になっていると思います。

DTMの先生
DTMの先生
お疲れ様でした。今日はここまでにさせていただきます。
今日の内容は新鮮だったなぁ
メモを取る柴犬
メモを取る柴犬
DTMの先生
DTMの先生
次回は、引き続き2MIXを作ります。
各楽器の音量のバランスをとる方法についてご紹介させていただきます。
今日も最後までお付き合い下さりありがとうございます。

スペアナで目標曲を分析

2MIXの音量バランスをとる方法

メールで質問をしてみるメールで質問をしてみる(お気軽に♪無料です)
メモを取る柴犬
メモを取る柴犬



この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください