⑦reaperでマスタリングのやり方(フリーソフトでMIX)

おはようございます!
reaperのフリーバージョンを使ってマスタリングをします!
マスタリングをすることで、どの曲も同じ音量で発表できたり、音圧を上げたりできます。特に決まったやり方や正解はないような気がします。
あなたは、マスタリングをどのようにやっていますか?

DTMの先生
DTMの先生
「今日もご来ブログ頂きありがとう。

今日はMIX講座の最終回「マスタリング」についてご紹介するけーね。」

*スマートフォンやタブレットをサブモニターとしてご覧になられる方はこちら

 

 

1,この記事は約6分で読む(視聴)することができます。




2.マスタリングの準備

新たにREAPERを立ち上げます。2MIXを取り込みます。

DTMの先生
DTMの先生
マスタートラックのFXをクリックしてエフェクターを入れます。

1、A1 StereoControl
2、ColourEQ
3、Mequaliser
4、TDR Feedback Compressor ll
5、ColourEQ
6、W1 Limiter
7、gfxanalyzer 」

3.エフェクターを調整する

A1 StereoControl

DTMの先生
DTMの先生
「少し広げます。今回は110%にしました。」
メモを取る柴犬
メモを取る柴犬

ColourEQ

DTMの先生
DTMの先生
「目標曲に近づくようにスペアナを見ながら微調整をします。

今回は低音、高音を気持ちブーストしました。中音を気持ちカットしました。」

Mequaliser

イコライザーなのですが、いろんな機能があります。
今回は、音をセンターと、サイド(L+R)に分けて、サイドのみの音を大きくします。

DTMの先生
DTMの先生
「音は、気が付いたら真ん中に集まります。
センターの音が大きい状態でコンプや、リミッターをかけると、真ん中がつぶれて
音圧が上がらず、不自然な音になりがちです。そこでサイドをあげておきます。 」
「MS処理と呼ばれているよ。」
メモを取る柴犬
メモを取る柴犬

DTMの先生
DTMの先生
「Sideをクリックします。」

 

DTMの先生
DTMの先生
「GAINを少しづづ気を付けながらドラックして上げます。
上げすぎには注意します。」
「立体感や奥行きが強調された気がする!」
メモを取る柴犬
メモを取る柴犬

TDR Feedback Compressor ll

DTMの先生
DTMの先生
「最終調整をします。
今回は、ふんわり、明るさが出るような設定をしました。 」

↓この本を読むと、ジャンル別にコンプをかけれるようになります。あなたも手にとって、1つ1つ違いを確かめて下さい。楽器別のコンプレシピも満載ですよ!!

ColourEQ

DTMの先生
DTMの先生
「 コンプの補正をします。」

W1 Limiter

トドメのリミッターをかけます。

DTMの先生
DTMの先生
「Ceilongを-0.1→0dbだとレベルオーバーになることがあるので注意。
Treshorldを-1.5db→今回は、-1.5にしました。
Release 11→今回は、11にしました。」
「あれ?Treshorldを-3dbにしないんだね?」
メモを取る柴犬
メモを取る柴犬

DTMの先生
DTMの先生
間違っていると思うのですが、
マスターレベルが何とか0.1になるようにレンダリングを繰り返ししながら、取り込んだ2MIXのフェーダーを少しずつ上げました。(*W1 Limiterを2つ使って音圧を上げるのが多分一般的だと思います。)

2MIXトラックがクリップしたら、
W1Limiterのスレッショルドを少し大きくします。

音の感じが変わったら、直前のColourEQで微調整をします。」

DTMの先生
DTMの先生
「マスタートラックの下の数値(RMS)が-6dbより小さいと2MIXの音量調整まで戻ってやり直した方がよいかもしれません。
2MIXの音量バランスが良くないかもしれません。

*マイナス値が大きいほど音量が小さい状態です。
分かりづらい表現ですいません。」

gfxanalyzer

DTMの先生
DTMの先生
「目標曲の波形と比べていかがでしょうか?
最終確認をします。

今回は最終的に、タンバリンを入れるのをやめました(≧◇≦)」




4.曲の始まりと、曲の終わりを調整します。

DTMの先生
DTMの先生
「 初めに雑音があれば、カットします。

スペアナで確認しながら作業します。
始まりの無音部分と、フェードインを調整します。」

DTMの先生
DTMの先生
「今回は、音の初めの直前までをドラックしてカットしました。
1秒から音が鳴るようにドラック。
フェードインも少し設定しました。

扇形にカーソルが変わるとドラックします。」

DTMの先生
DTMの先生
「終わりの部分を、フェードアウトさせます。」

5.レンダリングをします。

レンダリングをするとマスタリングの終了です。

「レンダリング方法はこちら 」[/word_balloon]

DTMの先生
DTMの先生
「動画を作成する際、動画作成ソフトに曲を入れた時に、
「あれ?この音違う?」
と感じたら、リミッターの影響で、音量のバランスが崩れた可能性があります。
つまり、2MIXの音量バランスが、もともと悪かったことになります。

コンプリミッターは、大きな音が小さく、小さな音が大きくなり、
薄っぺらく、こもったような音になることがあります。

そんな時は、2MIXに戻って音量を調整してみてください。
リバーブへのセンドも重要だと思います。
リバーブへのセンドを下げると、良くなったりもします。」

DTMの先生
DTMの先生
「楽器が少ないAメロなどの部分と、サビとの音量差が大きいときは、オートメーション(やり方は前回の記事)を使って調整してみると解決したりもします。」
DTMの先生
DTMの先生
「再生するプレーヤーによって多少音が番うように聞こえたりもします。
最終的に、再生するプレーヤーで一番よく聞こえるように、音量バランスを取ります。
結局、ココでも音量バランスを取り直すことになります。
1dbの差が、大きく影響するような気がします。

イロイロ挑戦してみます。」

イロイロ間違ってるんだろうなと思いながら、メモのように記録してみました。

DTMの先生
DTMの先生
「MIX講座は以上で終了させていただきます。

もうあなたは、
基本的な言葉や仕組みを身につけられたと思います。

さらにレベルアップするために、ソフトを買ってみてはいかがでしょうか?
ソフト選びの際に、色々出てくる言葉の意味も、ある程度はもう分かると思います。

この講座が、少しでもあなたのお力になれたのであれば幸いです。

最後までお付き合い下さりありがとうございます。」


もしまだ例題曲をご覧いただけてなければ、1度ご覧いただけますと幸いです。
*彡 決して上手ではありません。

2MIXの作成方法

対話式「作詞術」



この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。