ガレージバンド(ipad)にUTAU(Windows)で作ったwavファイルを入れてみた。

iPadのGarageBandで遊んでいたら、OneDriveに作成していたwavファイルを取り込める事を見つけました。

WindowsのUTAUで作った物をiPadに取り込んで、いろいろドラム、ベースやギターを弾いて入れてみたりしたいと思います。

とりあえず今日は、wavを取り込んでみます。



ipadを立ち上げ、書類を作成をタップします。

TRACKSをタップします。

タップします。

wavファイルのあるフォルダを選択し、wavファイルを選択します。僕はOneDriveをパソコンとiPadで利用しているので特に何もせずファイルを選べます。

wavファイルを選択できたら、ファイルを2〜3秒間タップし続けるとwavファイルが浮き上がります。

トラックにスワイプして放り込みます。
始まりに歌が無い曲の場合、歌の始まるセクションを作成するまでは歌が流れませんが、ちゃんと取り込めています。

後は、各パートを追加して遊んでいこうと思います。

DTMの先生
DTMの先生
<< UTAUと演奏を合わせるコツ >>

①UTAUで作成したwavファイルにipadのテンポを合わせる(やり方をブログの過去記事で紹介してます)
②ピンチアウトをして「グリッドに沿うう:オフ」状態で微調整をする


あなたもiPadでUTAUを歌わせてみて下さい。

↓打ち込んで、音使いの参考にしてみてね

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください