ブチこだわってドラムを GarageBandに打ち込んでみる。元々音が良いからいらん手間?(iPad iPhone )

今日もご来Blogいただきありがとうございます。
今回は、ドラムの打ち込みについてです。

GarageBandのドラムは、とても良い音がします。

手間をかける必要は全くないと思いますが、
こだわって打ち込みをしてみました。

動画にしてみましたので、ご覧いただけますと嬉しいです。




1、基本的な8ビート(エイトビート)のリズムパターンを打ち込む。

2、バスドラ、スネア、ハイハットそれぞれトラックを作成する。

3、バスドラだけにEQ、コンプをかける。
  バスドラだけを他のドラムセットの音に変えることもできます。

4、スネアだけにEQ、コンプをかける。
  スネアだけを他のドラムセットの音に変えることもできます。

5、ハイハットだけにEQ、コンプをかける
  ハイハットだけを他のドラムセットの音に変えることもできます。

6、wavファイルを作成し、ルームマイク、オーバーヘッドマイク的に利用してみる。

7、トラックを一つにして、ドラム全体にコンプ、EQをかける。

GarageBandの使い方に慣れてくると
色んな使い方ができて楽しいです。

打ち込み → wav → 取り込み → エフェクトの流れがDTMをやってる感がして楽しいです。

iPhone に課題曲の他パートを打ち込むと、吹奏楽の練習にも活用できるかも。

また何か使い方に気づいたらアップしてみます。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください