①フリーソフトでDTM講座の全体像

今日もご来ブログありがとうございます。

やっぱり、機材をチャンと揃えないと、音楽ができない、、、のかな?
メモを取る柴犬
メモを取る柴犬

あなたは、そんな風に、思っていませんか?

DTMの先生
DTMの先生
実は、パソコンだけで、何とかなるんよ。
しかも、フリーソフトや無料アプリだけで!

それでは、本題に入りたいと思います。



1,この記事(動画)は、約4分でご覧頂けます。

2,この講座の全体像について

Windows10を
使用した際の内容で解説しています。その他のバージョンでの動作確認はできておりません。
ご了承ください。

DTMの先生
DTMの先生
このブログでは、
初めてPC(パソコン)のみで音楽を演奏してみたいあなたヘ説明をしていくよ。

 

練習用の短い曲をまねて、再生して仕組みや、ソフトの使い方を体験することが、あなたのゴールとなります。

えっと、、
何からすればいいの?
メモを取る柴犬
メモを取る柴犬
DTMの先生
DTMの先生
たちまち今日は、全体的な流れを確認して下さい。
それでは、さっそく説明を始めます。
まずdominoに楽譜を登録して、REAPERに楽譜送って、VSTiに演奏をしてもらいます。
そして、REAPERでそれぞれの楽器をレコーディングして、一つの音楽ファイルにします。
さらに、Windowsムービーメーカーで動画を作ります。

3,別の角度からもう一度説明します。

●domino(MIDIシーケンスソフト)

DTMの先生
DTMの先生
dominoに、楽譜を打ち込み演奏指示を出します。また、MIDIデータを作成します。

↓↓↓

●REAPER(DAWソフト)

DTMの先生
DTMの先生
REAPERは演奏指示を受け、VSTiで音を出します。また、音楽データを作成したり取り込みます。

↓↓↓

●Windows movie maker(動画編集ソフト)

DTMの先生
DTMの先生
ムービーメーカーで画像を音楽と一つに合わせて動画を作成します。
僕のパソコンには入ってないな~
メモを取る柴犬
メモを取る柴犬
DTMの先生
DTMの先生
もうWindowsからの配布が終了しているので、新たに入手するのは大変かもねぇ。ダウンロードできなかった方はAviUtlを使ってみてぇな。

4,DTM用語の説明

DTMの先生
DTMの先生
???よくわからん???かもしれんけど、基本的な言葉の意味を、あなたはここで押さえておいてください。

 

たちまち、次の用語だけは、ここで押さえといてください。

 

あなたは、いろんなサイトに書かれていることを速く理解できるようになると思います。

でも、ご注意下さい。
厳密に言うと、間違っていることもあるけぇな。( 一一)

DTMの先生
DTMの先生
用語:DTM(Desk Top Music)

 

パソコンで音楽を製作する事。

DTMの先生
DTMの先生
用語:MIDI(ミディ、Musical Instrument Digital Interface)

 

楽譜データの事。各機器間でデータ転送するためのファイル形式。

DTMの先生
DTMの先生
用語:MIX(ミキシング)

 

たくさんの楽器音のバランスをとる作業。多チャンネル数から少ないトラックにする(多ファイルを1つのファイルにする)ため、トラック・ダウンとも呼ばれる。

ふむふむ、、、、
メモを取る柴犬
メモを取る柴犬
DTMの先生
DTMの先生
用語:VSTi   VSTインストゥルメント (VSTi)

 

DAWソフトを母体にして動く、音そのものを出すソフト。

DTMの先生
DTMの先生
用語:domino(ソフト名)

 

役割:シーケンス(ミュージックシーケンサー)楽譜データを再生して、自動演奏を行うソフトウェア。

DTMの先生
DTMの先生
用語:REAPER(ソフト名)

 

役割:Digital Audio Workstation、略称DAW音を編集・録音・ミキシングする。

DTMの先生
DTMの先生
用語:loopMIDI(ソフト名)

 

役割:仮想ケーブル複数のMIDI対応ソフトを接続できるようにする仮想ケーブルソフト。

ん~分かったような気がする、、、     
メモを取る柴犬
メモを取る柴犬

5,まとめ

*dominoで
作成したMIDIを、REAPERで音を鳴らすために、仮想ケーブルソフト(loopMIDI)を利用し、dominoとPEARERを接続します。

*dominoから
REAPERに送られるMIDIデータには、楽器音がついていません。
(楽譜データだけが送られているイメージ。)

REAPERで
音を鳴らすためには、VSTi(音源)をインストールして音を鳴らします。

ダウンロードしたデータの使用により発生した、いかなる損害についても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

DTMの先生
DTMの先生
難しことをいきなりたくさんお話したが、いかがでしたか?

 

もう少ししたら、練習曲を1曲ご紹介するんで、まずは真似て再現する事でやり方を覚えて下さい。

ok~
メモを取る柴犬
メモを取る柴犬

今日はここまでです。
次回は、著作権についてあなたのために調べた事をご紹介します。
2017/3月上旬、日中がだいぶ過ごしやすくなってきました。
あなたに、いつこの記事をお読み頂けたか分かりませんが、どうぞご自愛ください。
今日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

自分の作曲した曲で、動画を作りたいあなたは、こちらをご覧ください。

メールで質問をしてみる(お気軽に♪無料です)
メモを取る柴犬
メモを取る柴犬

フリーソフトでDTM講座 ←

→ 著作権のことを知っておこう

↓打ち込んで、音使いの参考にしてね


この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください