⑤スリーコードのベースの打ち込み方

ベースはコードの一番低い音!
dominoとreaperを使って、スリーコードのベースを打ち込みます。

慣れてきたらベースの音の使い方だけでも複雑なコードを表現できるようになります。
あなたは、何の曲のベースラインが好きですか?

 

作曲の先生
今日もご来ブログ頂きありがとうございます。

いろんな楽器に音を割り振る方法についてご紹介する前に、音楽について、ちょっと広い視点で考えてみたいと思います。

音楽の構成要因と、ウエイトを付けて全体像を確認してみます。

やり方のメモを取る柴犬
(この話の流れは、難しい話をする気だな)
作曲の先生
音楽(西洋音楽)を構成する要因。
リズム、メロディ、ハーモニーです。ものすごく簡単に考えると次のような感じ(でしょうか?)

リズム・・・一定のアクセントパターンがグループを感じさせ、繰り返されている。

メロディ・・・印象的な音のながれ。ハーモニー・リズムと切っても切れない関係。

ハーモニー・・・音の重なり。

より詳しく知りたい方は、Wikipediaを一度確認してみてください。

やり方のメモを取る柴犬
(やっぱり難しい話が始まった)
作曲の先生
構成要因のウエイト付け。
個人的なウエイト付けなので、違ってたらすいません(>_<)

リズム・・・・58%
ハーモニー・・28%
メロディ・・・14%

やり方のメモを取る柴犬
リズムとハーモニーで86%のウエイトになるんだね。
作曲の先生
このウエイトは、
曲としての全体像を他の人へ伝えるためには、リズムとハーモニーも作曲者が作りこむ必要がある事を表していると思います。

今回の記事は、コードをいろんな楽器に割り振る方法についてご紹介させていただきます。
先ほどのウエイト付けの項目で言うと、ハーモニーを複数の楽器でつくる方法になります。

やり方のメモを取る柴犬
音楽は、メロディだけでできているわけではないんだね。
作曲の先生
ハーモニーの一番低い音は、コード名を表すほど重要な音になります。
rockやポップスなどの一般的な曲では、ベースギターが担当します。

ベースギターの打ち込み方を、とりあえずご紹介させていただきます。

【MUSIC TANK】あなたの曲、USENが配信してくれます。
*UTAUやVOCALOIDの利用規約はご自身でご確認ください。

 

 この記事は約3分で読む(視聴)することができます。

 ベースの音が出るように準備します。

●ベース音源は、Ample Bass P Lite iiをインストールしてみてください。
インストール方法は、割愛させていただきます。

●ベースの音を出す方法は、「ベース音を出す方法」を参考に、音を出します。

 リズムを打ち込みます。

作曲の先生
今回は、このリズムを打ち込んでみます。

 コード進行を一つ選んで、2小節を作ってみます。

作曲の先生
今回はCFCGにします。

 コードの一番低い音を、ベースで打ち込みます。

作曲の先生
玉ねぎのアイコンをクリックして、「ピアノロールに指定のトラックを表示」で、ピアノパートを表示させておくと便利です。
作曲の先生
Cコードの一番低い音、つまり「ド」の音を、さらに下の方の「ド」の部分で、一番低い音が出る部分に打ち込みます。
作曲の先生
C3は、音が出ますが、C2は音が出ません。C3が一番低い「ド」になります。
今回は8分音符で打ち込みます。その他のコードも同様に打ち込みます。

 REAPERで音量を調整します。

作曲の先生
各楽器の音量のバランスが悪いときは、REAPERで音量バランスをとります。
フリーソフトでDTM講座」の「dominoに音符を打ち込んでメロディーを演奏する方法」の中で紹介しています。ご確認ください。

 まとめ

作曲の先生
コードの中で、一番低い音を担当するのがベースです。
やり方のメモを取る柴犬
今回はちょっと難しかったなぁ
作曲の先生
お疲れさまでした。
今回は、いきなり難しい内容でしたが、あなたへご紹介させていただきました。

余裕が出てきたら、いろんな楽器でハーモニーを作ることにも挑戦してみてください。
今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

ところであなたは、オーケストラ吹奏楽の楽器編成を見たことはありますか?

リズム・ドラムの打ち込み方

メロディーの作り方

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください