フリーソフトでMIX講座

 

2MIXを作成してマスタリング。
ここまでできるようになると、いろんな用語もいきなり専門的になります。

エフェクターも専門的になります。MIXに答えはないと言われていますし、確かにそう思います。
でも、あなたはどんな答えを出しましたか?

作曲の先生
この講座では、モデル曲(MIXのモデル曲はこちら)をMIXした手順に沿って音圧を上げる方法をご紹介します。

忘れないうちに講座にしちゃいました。

REAPERという無料のアプリを使用します。
あなたの作曲した曲に1つ1つ当てはめて、とりあえずまねて1曲MIXをしてみてください。

僕の耳と知識は、素人。
そのため、REAPERの使い方を説明するのがやっとですが、初心者のあなたのお役に立てますと幸いです。

やり方のメモを取る柴犬
あなたもうまくいったらご自身のサイトなどで、DTMに新たに挑戦する人に、やり方を伝えて頂けると嬉しいです。音楽がより身近になる事を願っています。

 

【MUSIC TANK】あなたの曲、USENが配信してくれます。
*UTAUやVOCALOIDの利用規約はご自身でご確認ください。



 全項目を一気に見れる、楽ちんYouTubeの再生リストです。

 この講座でできること

この講座の全体像 <<< まずはこちらから <<<

 スペアナで目標曲を分析してみよう

REAPERの拡張プラグインを追加し、スペアナを起動する
目標の曲をREAPERに取り込む
目標曲の楽器を分析して、アレンジを見直す

 2MIXを作ってみる

①楽器ごとのWavファイルを作成する
(1)ドラムのWavファイルを作成する
__addictive drumus2のインストール
__dominoとREAPERをつないでドラムの音を出す
__MIDIファイルを作成する
__WAVファイルを作成する
(2)ほかの楽器のWavファイルを作成する

②音量バランスをとる
__マスタートラックに基本のプラグインをセットする
__バスドラを取り込む
__ボーカルとハモリを取り込む
__リミッターをマスタートラックに入れる
__その他のドラムを入れる
__タンバリンを追加する
__ギター1、ギター2を追加する
__ピアノを追加する
__バイオリンを追加する
__ギターソロを追加する
__ベースを追加する

③一つ一つのパートにエフェクターをかける
__マスタートラックのリミッターを切る
__全てのトラックの音をミュートする
__盛り上げたいサビ部分をリピート再生させる
__バスドラのエフェクト
__ベースのエフェクト
__スネアのエフェクト
__タムのエフェクト
__ギター1、ギター2、ギターソロのエフェクト
__ボーカルとハモリのエフェクト
__ROOMマイクのエフェクト
__ピアノのエフェクト
__バイオリンのエフェクト
__ハイハットのエフェクト
__タンバリンのエフェクト
__ドラムのフォルダトラックにコンプレッサーをかける
__オーバーヘッドのエフェクト

④2MIXを仕上げる
__音量バランスをもう一度やり直す
__ボリュームオートメーションで、聞かせどころを強調する
__その他の調整
__2MIXを作成する

 マスタリングをする

マスタリングをする

ホームへ

このMIX講座の全体像




この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください