16分音符を、ドラムの打ち込みでハネさせてみました。


いつもご来ブログ頂きありがとうございます。

突然ですが、
8小節の曲を2回再生してみます。
あなたは、違いをどのように感じますか?

演奏の内容について、
dominoとreaper0.999で作成しました。

1回目は、16分音符を普通に、16分音符で演奏しました。

2回目は、16分音符を、16分音符の三連符の2番目を飛ばして演奏しました。

4分音符や、8分音符は普通に演奏します。

 

いかがでしょうか?
メロディーやアレンジ、歌詞は、目をつぶって頂き、、、
リズムの雰囲気を感じていただけますと嬉しいです。

2回目の演奏は、僕はポップな雰囲気になるような気がします。

メロディーを、8分音符、4分音符、2分音符、全音符で作ったときに、
アレンジを、いつもと違った雰囲気にしたい時に試してみると楽しいです。

dominoで打ち込むときに、
音符を「3連16分音符」を選択して、打ち込みます。

2回目の演奏は、楽譜ではこのような表記になります。

もし、あなたがアレンジで挑戦する機会がございましたら、一度は挑戦してみてください。

あなたが知っている、このようなリズムの曲は何と言う曲でしょうか?




 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください