エレキギターとフリーvstiの周波数の違いを調べてみました。

 

いつもご来blog頂きありがとうございます。
今日は、エレキギターの音の周波数を比べてみました。

マスタリングの際、
フリーソフトvstiと、実際のエレキギターの周波数がどのように違うのか、ふと気になりました。
そこで、実際に比べてみることにしました。

比べたものは、
1、フェンダーUSA+アンプシミュレーター(HyBrit)
2、Supper Riff Guiter+アンプシミュレーター(HyBrit)

あなたは、スペアナで見比べた周波数が、どれくらい違うと思いますか?


1、フェンダーUSA+アンプシミュレーター

まずは、8小節を実際にギターで弾いてみました。
動画は、ギターの音だけをスペアナで見た状態です。

波形を見てみると、かまぼこを切って横から見たような波形になりました。

高い周波数もしっかりと出ています。
高い周波数は、マスタリングの時に不足しがちな周波数のため重宝しそうです。

 

2、Supper Riff Guiter+アンプシミュレーター

次にvstiの波形を見てみます。
アンプシミュレーターのおかげで高い周波数も出ています。

波形の特徴は、
・中高音が強く出ています。
・低音が少ないみたいです。

自然なエレキギターとの違いは、この部分です。

 

3、まとめ

ギターの打ち込みをするときは、

・中高音は、
上手にカットするなど工夫をするとよいかもしれません。

・低音は、
実際のエレキギターは、この動画より、もっとローカットをすることになるはずなので、結局同じくらいになるのではないかと思います。

あなたは、どのような音作りをしてみたいですか?

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください