㉒dominoにメロディを打ち込む方法

 

あなたのパソコンがメロディを演奏する!!
メロディー(主旋律)を、ブラス音で演奏させます。

僕は、メロディーを作る時にこの方法で作曲しています。
あなたは何の音でメロディを作曲するのが好きですか?

 

DTMの先生
今日も、ご来ブログ頂きありがとうございます。
今回は、メロディの打ち込み方をご紹介します。

作曲方法はフリーソフトで作曲講座をご覧ください。

使い方のメモを取る柴犬
お~曲っぽくなってきました♪

早速、内容に移ります。


 この記事は約2分で読む(視聴)することができます。

 

 dominoに楽譜を打ち込む方法。

DTMの先生
dominoとREAPERを立ち上げて、ブラス音が出るように準備しておきます。

dominoのCh.1をクリックします。

DTMの先生
C5の高さの音で、3小節目から、図のようにクリックして入力していきます。

 REAPERに演奏させる方法。

DTMの先生
再生ボタンをクリックします。

DTMの先生
★曲のテンポを速くしたいときは
Conductorをクリックして、上から2番目のTempoの数字を変更します。
120をクリックして128と入力します。

DTMの先生
保存ボタンをクリックして、dominoを保存しておきます。

REAPERのこのつまみを上下して、楽器の音量の調整ができます。

DTMの先生
REAPERも保存ボタンを押して、保存しておきます。

 

DTMの先生
今回でメロディーの作成まで、できるようになりました(*^^)v
いつも最後までご覧いただきありがとうございます。

作曲に挑戦してみたい方は、フリーソフトで作曲講座もご覧ください。
楽譜を使用しない講座のため、経験のある方には物足りないと思います。

次回は、UTAUに歌って頂くための準備をしていきます。

 

自分で動画を作ってビジネスやYouTubeなどに活用したいあなたは、こちらをご覧ください。

4-3 ギターを演奏させよう

5-1 UTAU用MIDIの作成



この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください